【稼げるフリーランスエンジニアになれる!】おすすめプログラミングスクール2選

どうも、ウェブマスターです。

私は普段、フリーランスのエンジニアとして働いています。

一時期はフリーターでどん底でしたが、プログラミングを勉強してWEBエンジニアへ就職し、実務経験1年ちょいでフリーランスになりました。

その後、2年程経験を積んで、現在はエンジニアとして月100万円程、稼げています。

また、個人で複数サイトを運営しているのですが、それらのサイトの収益も月に数十万円あります。

自分で言うのもあれですが、フリーランスとしては、そこそこ稼げている方だと思います。

なので、このWEBサイトに書いている内容は全て、フリーランスエンジニアとして実際に稼いでいる私の経験や事実を元に書いています。

そのため、他のブロガーが書いている記事よりも遥かに信憑性は高いでしょう。

たまに、「楽して月収100万円」みたいな記事がありますが、アホかと思ってしまいます。

私も今でこそ楽をしていますが、プログラミングの勉強を始めてからの最初の1年間はとても大変でした。

とはいえ、私が新卒で入社したブラック企業に比べてしまうと、そんなに大変でもなかったのですが。。。

今回は、「楽して月収100万円」みたいなスクールではなくて、しっかり地に足がついた内容で、なおかつ、稼げるフリーランスエンジニアになるためのスキルを学べるプログラミングスクールを2つご紹介します。

フリーランスエンジニアとして稼ぎたいならフリーランスエンジニアとして稼いでる人から教わるのが最短の近道

大前提として、「フリーランスエンジニアとして稼ぎたいならフリーランスエンジニアとして稼いでる人から教わるのが最短の近道」ということを常に意識しておきましょう。

「サッカー選手」になりたいのに「野球選手」からは教わらないですよね?

「当たり前だろ」と思われたかもしれませんが、案外、その当たり前に気付いていない人も多いのです。

例えば、稼げるフリーランスエンジニアになるためにプログラミングスクールへ通っているのに、エンジニアとしての実務経験がない時給1000円前後の講師から教わっている人達が沢山います。

私は、プログラミングスクールの講師としても働いたことがあるので分かるのですが、エンジニアとしての実務経験がない講師が働いているプログラミングスクールは沢山あります。

確かに、時給1000円前後のエンジニアとしての実務経験がない講師からでもプログラミングについては学べます。

しかし、「フリーランスエンジニアとして稼ぐ」という部分に関しては一切学べないのです。

フリーランスエンジニアとして稼ぐまでの道のりは、すでに優秀な先人達が開拓しています。

それをわざわざ0から開拓するのは、とても遠回りですよね?

私も、優秀な先人たちの真似をすることで、エンジニアとして月100万円、サイト運営で月に数十万円稼ぐことが出来ました。

なので、「フリーランスエンジニアとして稼ぎたいならフリーランスエンジニアとして稼いでる人から教わるのが最短の近道」ということは常に意識しておきましょう。

それでは、稼げるフリーランスエンジニアになるためのスキルを学べるプログラミングスクールを2つご紹介します。

稼げるインフラエンジニアを目指すならRaiseTech(レイズテック)!

RaiseTech(レイズテック)は、「最速で稼げるエンジニアを育てる」ことを目的とするオンラインのプログラミングスクールです。

講師が全員月収80万円以上稼ぐ現役のエンジニア!

RaiseTech(レイズテック)の凄いところは、講師が全員、月収80万以上稼いでる現役のエンジニアだということです。

一部の講師じゃなくて、全員です。

エンジニア不足が叫ばれている今のご時世では、講師として現役のエンジニアを採用するのはとても大変だと思います。

それに加えてさらに、月収80万以上稼いでる現役のエンジニアだけに絞っているのです。

これは、エンジニアとして稼ぐための最高の学習環境が用意されていると言えます。

月収80万以上稼いでる現役のエンジニアから直接指導を受けられるので、エンジニアとして稼ぐためのスキルを徹底的に身に付けることが出来るでしょう。

AWSフルコースが凄い!

RaiseTech(レイズテック)には、「Javaを学習するコース」、「Wordpressを学習するコース」、「AWSを学習するコース」の3種類の学習コースがありますが、オススメなのは、稼げるインフラエンジニアとしての力が身に付く「AWSフルコース」です。

インフラエンジニアとは?

インフラとは、アプリケーションが動作する環境のことです。

アプリケーションを車に例えるなら、道路がインフラになります。

インフラエンジニアの仕事は、アプリケーションが動作する環境(インフラ)を作ったり、整えたりすることです。

インフラエンジニアはブルーオーシャン?

WEBアプリケーションを動作させるには、必ず、WEBアプリケーションを動作させる環境が必要です。

なので、開発チームに1人はインフラエンジニアが必要になるのですが、インフラエンジニアを育てるスクールはあまり目にしません。

なぜでしょうか?

その理由は、単純にインフラエンジニアとして働きたいという人が少ないからです。

車を作りたいか、道路を整備したいかと問われれば、車を作りたいと思う人が大半なのではないでしょうか。

しかし、インフラエンジニアが欲しいという企業は沢山います。

インフラエンジニアもWEBエンジニアと同程度、稼げる仕事です。

稼げる仕事だけれど、人気のないインフラエンジニアは、実は、ブルー・オーシャンで、とても稼ぎやすい環境があるのです。

AWSフルコースが凄い!

RaiseTech(レイズテック)では、昨今のインフラ環境の構築でデファクトスタンダード化になりつつある、AWS(クラウド)を扱ってのインフラ環境の構築スキルを徹底的に身に付けることが出来ます。

現時点で、ここまで本格的にインフラエンジニアになるために必要な技術を教えているスクールは、私の知る限りでは、ありません。

また、月収80万以上稼いでる現役のエンジニアから直接指導を受けられるので、技術だけでなく、エンジニアとして稼ぐためのスキルも身に付けることが出来ます。

稼げるインフラエンジニアを目指すならRaiseTech(レイズテック)で学習するのが最短の近道です。

RaiseTech(レイズテック)
5

稼げるインフラエンジニアを目指すならRaiseTech(レイズテック)!

講師が全員月収80万円以上稼ぐ現役のエンジニア!

 AWSフルコースが凄い!

 稼げるインフラエンジニアになれる!

稼げるWEBエンジニアを目指すならウェブカツ!

ウェブカツは、「年収1千万以上のフリーランスエンジニアを育てる」ことを目的とするオンラインのプログラミングスクールです。

プログラミングを独学し1年で年収1千万を稼いだ元営業マンのエンジニアが運営!

ウェブカツの顧問は、元営業マンからプログラミングを独学し1年で年収1千万を稼いだエンジニアです。

そのため、ウェブカツの顧問が不動産、保険の営業マンの経験により培った実際に使える営業やマーケティングについても学習内容に含まれています。

書店に並んでいるような抽象的な内容ではなく、1年で年収1千万を稼いだエンジニアから、具体的な仕事の取り方やエンジニアで稼ぐ極意を学べるのです。

一見怪しそうなのですが、2020年8月時点で、ウェブカツの受講者数は14,000人を超えています。

14,000人以上が受講している実績もあり、年収1千万以上のエンジニアを沢山輩出しているので、信頼出来るサービスなのは確かでしょう。

WEBのスキルが凄い!

ウェブカツが凄いのは、実用的な営業、マーケティングが学べるだけでなく、WEBエンジニアとして稼ぐために必要な技術が網羅的に学べるところです。

私自身がフリーランスのWEBエンジニアとして月収100万円稼いでいるので分かるのですが、ウェブカツの内容を学習すれば、年収1千万を稼ぐエンジニアの技術レベルに余裕で到達するでしょう。

私は、年収1千万以上のエンジニアになるための最短の近道は、「営業・マーケティング力」と「技術力」をバランス良く身に付けることだと思っています。

ウェブカツでは、「営業・マーケティング力と技術力」をバランス良く学習することが出来ます。

稼げるWEBエンジニアを目指すならウェブカツで学習するのが最短の近道です。

ウェブカツ
5

稼げるWEBエンジニアを目指すならウェブカツ!

年収1千万以上のフリーランスエンジニアになるのがゴール!

 WEBのスキルが凄い!

実際に使える営業・マーケティング力も身に付く!

受講しちゃダメな人!

RaiseTech(レイズテック)とウェブカツは、どちらも稼げる人材を育てることに特化したサービスです。

稼げる人材=自発的(能動的)に動ける人材です。

そのため、「手取り足取り優しくサポートして貰いたい」という人には、RaiseTech(レイズテック)とウェブカツは、残念ながら向きません。

そういった人が受講すると、高い確率で挫折してしまうので注意しましょう。

ちなみに、絶対に挫折したくない、手取り足取り優しくサポートして貰いたいという人には、こちらのスクールがオススメです↓

まとめ

今回は、稼げるフリーランスエンジニアになるためのスキルを学べるプログラミングスクールを2つご紹介しました。

冒頭でもお伝えしましたが、「フリーランスエンジニアとして稼ぎたいならフリーランスエンジニアとして稼いでる人から教わるのが最短の近道」です。

そういった意味で、RaiseTech(レイズテック)、ウェブカツは、フリーランスエンジニアとして稼ぐことを目的とするのであれば、最高の学習環境であると言えます。

幸い、どちらのスクールも無料でトライアル受講が出来るので、RaiseTech(レイズテック)、ウェブカツに少しでも興味が沸いたのであれば、とりあえず、無料トライアルを受講することを強くお勧めします。

なぜなら、結局、実際に受講してみなければ、そのサービスが自分に向いているかどうかは分かりませんし、情報収集に時間をかけて大切な時間を無駄にするのは、非常にもったいないからです。

なので、とりあえず、無料トライアルを試してみましょう。

無料トライアルは、それぞれの公式サイトから受講することが出来きます。

RaiseTech(レイズテック)
5

稼げるインフラエンジニアを目指すならRaiseTech(レイズテック)!

講師が全員月収80万円以上稼ぐ現役のエンジニア!

 AWSフルコースが凄い!

 稼げるインフラエンジニアになれる!

ウェブカツ
5

稼げるWEBエンジニアを目指すならウェブカツ!

年収1千万以上のフリーランスエンジニアになるのがゴール!

 WEBのスキルが凄い!

実際に使える営業・マーケティング力も身に付く!