WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方⑩【連載】

この記事は古い情報が含まれています。最新の内容はこちらです。

どうも! ウェブマスターです。

今回は、WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方の第10回目です。

10記事に渡って、WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方について、詳細に解説してきましたが、この記事で最後になります。

最後ということで、今回は、WEBエンジニアに就職するためにオススメなプログラミングスクールを3つ紹介します。

現役エンジニアでプログラミングスクール講師の私が、徹底的に調査し、激選したプログラミングスクールです。

正直、今あるプログラミングスクールの比較・口コミサイトの中で1番信頼度が高く参考にするべき内容です。

もし、あなたが、WEBエンジニアに就職するためにプログラミングスクールへ通おうとしているのであれば、絶対に目を通して下さい。

「受託開発企業」、「自社開発企業」へ就職するのが目的

まず、大前提として、ここで紹介するプログラミングスクールは、「受託開発企業」、「自社開発企業」のWEBエンジニアとして就職することを目的とした場合にオススメできるプログラミングスクールです。

以前の記事でもお話ししましたが、WEBエンジニアの就職先の企業は、「SES企業」、「受託開発企業」、「自社開発企業」の3種類に分類されます。

そして、短期間で、フリーランスとして自由に働いたり、年収1000万円を超えるエンジニアになるためには、「受託開発企業」、もしくは、「自社開発企業」に就職する必要があります。

なので、ここでは、「受託開発企業」、「自社開発企業」のWEBエンジニアとして就職するためにオススメなプログラミングスクールを激選しました。

WEBエンジニアの就職先については、こちらの記事で解説しています↓
WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方①【連載】

重要なチェック項目は5つ

これまでの記事でお伝えした通り、WEBエンジニアに就職するためのプログラミングスクールを選ぶ際の重要なチェック項目は、以下の5つです。

・学習カリキュラム
・学習環境
・講師のレベル
・就職サポート
・受講費用

れらの5項目が総合的に秀でている3つのプログラミングスクールを激選しています。

「どんな学習カリキュラムのプログラミングスクールが良いのか?」については、こちらの記事で解説しています↓
WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方④【連載】
プログラミングスクールを選ぶ際に確認すべき学習環境のポイントについては、こちらの記事で解説しています↓
WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方⑤【連載】
プログラミングスクールの講師のレベルについては、こちらの記事で解説しています↓
WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方⑥【連載】
プログラミングスクールの就職サポートについては、こちらの記事で解説しています↓
WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方⑦【連載】
プログラミングスクールの受講費用については、こちらの記事で解説しています↓
WEBエンジニアに就職するための正しいプログラミングスクールの選び方⑧【連載】

おすすめプログラミングスクール3選

現役エンジニアでプログラミングスクール講師の私が、徹底的に調査・激選し、身を持ってオススメできるプログラミングスクールがこちらです。

侍エンジニア塾

学習カリキュラム 超実践的(好きな言語を選べる)
学習環境 オンライン完結型
講師のレベル 現役のエンジニア
就職サポート 手厚いサポート有り
受講費用 389,400~718,800円 + 入学金(29,800円)

侍エンジニア塾の詳細については、こちらの記事に書いています↓

DMM WEBCAMP

学習カリキュラム 超実践的(Ruby)
学習環境 教室・オンラインのハイブリット型
講師のレベル 現役のエンジニア
就職サポート 手厚いサポート有り
受講費用 350,800~628,000円

DMM WEBCAMPの詳細については、こちらの記事に書いています↓

CodeCampGATE

学習カリキュラム 超実践的(PHP)
学習環境 オンライン完結型
講師のレベル 現役のエンジニア
就職サポート 手厚いサポート有り
受講費用 478,000円

CodeCampGATEの詳細については、こちらの記事に書いています↓

必ず全ての体験レッスンを受けましょう

先程紹介したプログラミングスクールは、どのスクールも甲乙つけがたいクオリティです。

なので、その3つの中で自分に最適なプログラミングスクールを見つけるためにも、入会を決める前に、各スクールで実施している体験レッスンに参加することを強くおすすめします。

体験レッスンでは、実際にスクールで行われているレッスンの体験はもちろん、プログラミング学習の悩み相談なども無料で行ってくれるなど、受講するだけでもメリットがたくさんあります。

また、スクールの雰囲気や教えている講師の層など、実際に受けてみないとわからないことも確かめることができます。

なので、必ず、先程紹介した3つのプログラミングスクール全ての体験レッスンを受けてから、どこに通うかを決めましょう。

最後に…

私が新卒で入社した会社は、WEBエンジニアとは全く異なる業界の仕事だったのですが、その会社では、毎日、始発で出社して終電で帰宅、休みは月に1日あればラッキーみたいな、いわゆるブラック企業でした。

入社してからほぼほぼ休みなしのサービス残業で一生懸命1年間働いた結果、昇給額はたったの数千円でした。

あーこの業界には夢も希望もないな…」ということを悟ってその会社を辞めたのですが、特別に何もスキルを持っていなかった私は、そのままフリーターになり、お先真っ暗な毎日を過ごしていました。

しかし、プログラミングを勉強したことで全てが好転しました。

現在27歳で月収は100万を超え、ブラック企業で働いていた頃やフリーターだった頃と比べて、とても充実した毎日を送れています。

今の環境でガムシャラに頑張ることも素晴らしいことですが、頑張ってもむくわれない環境もあります。

自分が理想とする生活を手に入れるためには、環境を変えるということは、とても大切です。

現状、WEBエンジニアと言う職業は、他の業界では考えられないような高待遇な業界です。

普通の人が実務経験1年ちょいでフリーランスになって月収60万円超える、週3勤務(残業なし)で月収50万円貰えるなどというのは、他の業界では考えられないのではないでしょうか。

私は、あの時、プログラミングを学習しておいてホントに良かったと思っています。

今、あなたがプログラミングを学習することで、近い将来、必ず、私と同様にあなたも、あの時、プログラミングを学習しておいてホントに良かったと思える日が訪れることでしょう。

プログラミングを勉強してWEBエンジニアへ就職するのは本気でオススメです。