フリーターだった私が1年で月収65万のエンジニアになれた誰でも再現可能な方法

どうも! ウェブマスターです。

突然ですが、私は現在27歳で月収は100万を超えています。

20代で月収100万円というと、エリートなイメージですよね。

しかし、私は全然エリートではなく、どちらかと言えば落ちこぼれです。

3年程前は、時給1000円のフリーターとして働いていたので、傍から見たらかなりの落ちこぼれだったでしょう。

新卒で入社した会社を1年で離職して、なんだかんだといつの間にかフリーターとして働いていました。

しかし、その後、約1年半で月収65万のエンジニアになりました。

時給1000円のフリーターから約1年半で月収65万のエンジニアになり、その後も月の収入は増え続けています。

なぜ急にこんな話をしたのかというと、私がやったように約1年半で月収65万のエンジニアになることは、誰でも再現できることだからです。

誰でも1年半あれば月収65万のエンジニアになれます。

ということで、今回は、フリーターだった私が1年半で月収65万のエンジニアになれた誰でも再現可能な方法についてのお話をします。

特別なことは必要ありません

1年半で月収65万のエンジニアになるために特別ことは必要ありません。

やることはとてもシンプルです。

下記の①、②、③を愚直に実行するだけで達成できます。

① WEBプログラミングを学習する(半年間)
② エンジニアとして実務経験を積む(1年間)
③ フリーランスになる -> 月収65万

① WEBプログラミングを学習する

まずは、WEBエンジニアに必要なWEBプログラミングの勉強をします。

昔の私のようにプログラミングの完全未経験者の場合は、働きかながら学習するとなると半年間程度の期間が必要です。

WEBエンジニアになるための学習方法の詳細は、こちらに記載しています↓
【連載】完全未経験から6カ月間でWEBエンジニアへ転職しよう!

② エンジニアとして就職する

WEBエンジニアになるための学習を半年間した後は、WEBエンジニアとして企業へ就職します。

詳細は下記の記事に書いていますが、フリーランスのエンジニアとして安定して稼ぎたいなら最低1年間の実務経験が必要です。

プログラミングスクールを卒業しただけでフリーランスになれるの?

③ フリーランスになる

1年間の実務経験を積んだら、あとはフリーランスとして独立するだけです。

実務経験が1年あれば、フリーランスの仕事を紹介してくれるエージェントサービスで仕事を紹介して貰えます。

実務経験1年のエンジニアの月単価の相場はエージェントを通さない場合で80万円~100万円程です。

なので、エージェントを通しても月収60万円前後は貰えます。

フリーランスエージェントは中抜きするのが仕事なので、中抜きされすぎないように気を付けてくださいね。

④ 愚直に実行するだけ

以上が、フリーターだった私が1年半で月収65万のエンジニアになれた誰でも再現可能な方法です。

実は今回お話をした方法は、私がエンジニアになる前から言われていて、私もネットでこの情報を見つけて、その通りに実行しました。

その結果、現在27歳で月収は100万を超え、フリーターだった頃と比べて、とても充実した毎日を送れています。

「プログラミングって何?」、「エンジニアって何?」というところからスタートしたので、もちろん、最初の1年間はとても大変でした。

最初の1年間は仕事が終わった後も毎日自宅で勉強していました。

ただ、そこを乗り越えた今は正直かなり楽です。

WEBエンジニアなら学歴や経歴に関係なく20代で年収1000万円を普通に目指せます。

20代で年収1000万円を達成したい、自由な働き方をしたいという人には、WEBエンジニアという職業はとてもオススメですよ。