自由に働きたいならWEBエンジニアを目指すべき5つの合理的な理由

どうも! ウェブマスターです。

私は普段、フリーランスのWEBエンジニアとして働いています。

独立してからは2年程経ちますが、自分で言うのもあれですがとても自由に働いています。

もちろん、プログラミングを学習し始めてから最初の1年間ぐらいは結構大変でした。ですが、そこを乗り越えた今は、正直かなり楽です。

私は新卒で入社した会社が超絶ブラックの企業だったのですが、あの頃と比べてしまうと天と地の差ですね。

しかし、なぜ、WEBエンジニアだと自由に働けるのでしょうか?

その理由は、大きく5つあります。

(1)場所に縛られない
(2)独立のハードルが低い
(3)収入が高い
(4)副業との相性が良い
(5)再現性が高い
今回は、WEBエンジニアが自由に働ける理由についてのお話しをします。

(1)場所に縛られない

WEBエンジニアは、パソコン1台さえあればどこにいても仕事が出来ます。
私もここ1年間は、基本的に自宅で仕事をしています。
WEBエンジニアになる前は、通勤に1時間以上かけていました。
毎日満員電車で1時間も掛けて通勤していて、自由とは程遠い生活でしたね。
WEBエンジニアになってからは、その時間を睡眠時間や読書・趣味などの自己投資の時間として使えるようになりました。
自由に働きたいなら場所に縛られない仕事を選ぶことが大切ですね。

(2)独立のハードルが低い

会社員が悪いわけではありませんが、本当の意味で自由に働きたいなら「独立」する必要があるでしょう。
企業の一員として働くのではなく、自分が事業主になることで、仕事への裁量が格段に大きくなります。

そして、WEBエンジニアは独立のハードルが他の業界に比べてとても低いです。

実務経験が1年ぐらいでも十分に独立してやっていけますよ。

実際、私も実務経験1年ちょいで独立しています。

独立すると「どんな仕事をするか」、「何時から何時まで働くか」、「いつ休むか」など、仕事に関する全てのことを自分で決めることができます。

数カ月間働いて、数カ月間休んでも良いのです。

ちなみに私や私の周りのフリーランスとして働いているエンジニアの多くもこんな感じです。

自由に働きたいなら独立は必須条件ですね。

(3)収入が高い

いくら自由だったとしても、「毎日仕事終わりに仲間とボロアパートでLチキと金麦で乾杯」みたいなのは嫌ですよね。

せっかく自由が手に入っているのだから、ある程度のお金が欲しいのではないでしょうか。

安心してください。フリーランスのWEBエンジニアであればそれなりの額は稼げます。

具体的に言うと、私が実務1年ちょいで独立した時の最初の月収は65万円程でした。

非凡な私でも実務1年積んだら、月収65万円貰えたのです。

しかもこれは、フリーランスに仕事を紹介するエージェントサービスを利用していて貰えた額です。

エージェントサービスを利用した場合、20パーセント~ひどいところだと50パーセントぐらい中抜きされます。

20パーセント~50パーセント中抜きされて65万円なので、エージェントサービスを利用しなければ、100万円近く貰えるということです。

実際、私の最初の現場の採用担当の方にエージェントと契約している金額を聞いてみると(図太いですが…)、100万円近い金額で契約をしていました。

なので、WEBエンジニアとして独立すれば、それなりに良い金額を稼ぐことが出来ます。

自由に働きたいなら収入が高いことも重要ですよね。

(4)副業との相性が良い

この先、オフラインのない時代(アフターデジタル)が到来するとも言われている通り、今の時代、どの業界であろうともWEB(インターネット)関連の知識は必須です。

なので、WEB関連の知識のエキスパートであるWEBエンジニアは、どんな事業とも相性が良いんです。

WEBエンジニアは、副業との相性が抜群です。

私もエンジニアの仕事以外に副業として複数のサイトを運営していますが、サイトの運営収益だけでも贅沢しなければ生きていけるぐらいの収益があります。

独立したとしても1つの取引先からしか収入がなければ、それは自由では無いですよね。

自由に働きたいなら複数の収入源が必要です。

(5)再現性が高い

自由に働きたいならWEBエンジニアを目指すべき1番の理由が「再現性が高い」からです。

自由に働くためには、WEBエンジニアになる以外にも沢山の方法があるでしょう。

例えば、自分でビジネスを作って起業するという方法もあります。

しかし、こういった方法は、誰でも成功できる訳ではなく再現性が低いのであまりオススメできません。

反対に、WEBエンジニアであれば、実務1年積んだら誰でも独立できる仕組みが既にあるため、とても再現性が高いです。

だからこそオススメなのです。

営業が苦手な人でもフリーランスエージェントの仕組みを利用すれば、簡単に仕事を受注できます。

また、WEBエンジニアの仕事は、単純にWEBシステムを開発出来れば良いので、学歴・経歴は関係ありません。

中卒の人も高学歴の人もプログラミングを学習するだけで同じようにWEBエンジニアを目指すことができます。

自由に働きたいなら自由に働ける再現性が高い仕事を選ぶべきです

行動することが大切

今回は、「自由に働きたいならWEBエンジニアがオススメだよ」というお話をしました。

私は、元々、プログラミングには全く興味がなかったのですが、「ネットでWEBエンジニアが良いらしい」というフワッとした情報を目にして、WEBエンジニアの仕事に興味を持ちました。

その後、とりあえず、プログラミング学習を始めたことで、今のような自由な働き方を実現することが出来ました。

なので、「とりあえず、行動する」ということがとても大切だなと思っています。

もし、あなたが今、WEBエンジニアの仕事に少しでも興味があるなら、とりあえず、簡単なことから始めてみるのがお勧めです。

本屋さんで「WEB業界についての本」や「プログラミングの本」を立ち読みしてみる、「エンジニアの仕事」や「勉強方法について」ネットで調べてみるなどは今すぐ簡単にできるのでオススメですよ。