【第4回】WEBエンジニアになるための学習の準備をしよう!

この記事は古い情報が含まれています。他の記事を参考にしてください。

どうも! WEBマスターです。

この記事は、 「【連載】完全未経験から6カ月間でWEBエンジニアへ転職しよう! 」の第4回目です。

前回の記事はコチラです↓
【第3回】WEBエンジニアの仕事内容を理解しよう!

前回は、WEBエンジニアがどんな仕事をしているのかということをザックリ説明しました。

WEBエンジニアの仕事は、「Twitter」や「Amazon」、「クックパッド」のようなWEBアプリケーション(WEBサイト)を作ることというお話をしたかと思います。

そして、今回からは、いよいよWEBエンジニアになるための学習の準備を開始します。

WEBエンジニアになるために必要な学習期間は約半年!

プログラミング完全未経験者がWEBエンジニアになるためには、480時間ぐらいの学習が必要です。

働きながら学習することを想定して、勉強できる時間は、平日1時間、土日で15時間ぐらいだとすると、 1週間に20時間程度になるでしょう。

週に20時間の学習をした場合、 

480 ÷ 20 = 24週間(約6カ月間)

約6カ月間(半年間)の学習期間が必要になります。 

プログラミングスクールか独学で学習するか?

プログラミングの学習をする場合、プログラミングスクールに通って学習する方法と独学で学習する方法があります。どちらが良いかは人それぞれなので、2つのメリットとデメリットを比べて、どっちの方が自分に合っているかを判断しましょう。

プログラミングスクールで学習する場合

 メリット
・講師が優しく教えてくれる
・独学よりも効率的に学べる
・転職のサポートをしてくれる
・勉強仲間が見つかる
・モチベーションを維持できる

 デメリット
・お金が掛かる(プログラミングスクールへ通った場合の費用は、20万円~80万円)

独学で学習する場合

 メリット
・お金が掛からない
 デメリット
・勉強につまった時に教えてくれる人がいない
・学習効率が悪い
・転職のサポートがない
・勉強仲間がいない
・モチベーションを維持するのが難しい

プログラミングスクールに通って学習する

プログラミングスクールで学習する場合と、独学で学習する場合のメリット、デメリットを見比べて、プログラミングスクールに通おうかなと思った方は、こちらの記事を参考に、プログラミングスクールを選びましょう。

現役エンジニア&現役講師が選ぶ、プログラミングスクールおすすめランキングはこちら!

現役エンジニアでプログラミングスクール講師の仕事もしている私が、WEBエンジニアになるためにオススメのプログラミングスクールを徹底的に比較していますので、是非、参考にして頂けると良いかと思います。

独学で学習する

独学で学習しようと考えている方は、私が独学のサポートをさせて頂きます。

現役エンジニアでプログラミングスクールの講師でもある私が、市販の書籍を使用して、プログラミング完全未経験者がWEBエンジニアとしての技術を身に付けるためのロードマップを作成しました。

具体的には、Pythonというプログラミング言語を学習して、1人でWEBアプリケーションを開発できるようになるまでのロードマップです。

ロードマップで紹介した書籍を読んで、躓いてしまったという人はこのサイトにコメントを頂ければ、私の時間が許す限り回答させていただきます。

市販の書籍を選んでいる理由は、一般に公開されている動画教材と比べて書籍の方が内容が濃かったからです。

また、転職活動に使用するポートフォリオ(自作のWEBアプリケーション)の作り方や設計方法の詳細については、書籍では載っていないので、そこは別途私が説明しようと思います。

私は、今まで個人開発のアプリケーションを複数開発しローンチ(一般公開)してますし、実務でも新規開発の案件に携わっているので必ずお役に立てるはずです。

また、なぜ、Python言語なのかというと、私がPythonエンジニアだということもありますが、今後AI需要が増えていくなかで、AIと相性の良いPython言語でWEBアプリケーションが作られるということが確実に増えていくからです。

実際、2020年現在もPython言語での開発需要は増え続けています

Pythonというプログラミング言語を学習して、1人でWEBアプリケーションを開発できるようになるまでのロードマップの詳細については、次回以降の記事に載せますので、是非、参考にしていただければと思います。

まとめ

今回は、WEBエンジニアになるための学習の準備についてのお話をしました。

今回の内容をまとめると、

まとめ

プログラミング完全未経験者がWEBエンジニアになるためには、480時間、働きながらだと約半年の学習期間が必要。

プログラミングスクールに通って学習する場合は、現役エンジニア&現役講師が選ぶ、プログラミングスクールおすすめランキングはこちら!を参考にプログラミングスクールを選ぶと良い。

独学で学習する場合は、次回以降の記事に記載している、独学用のロードマップを参考に学習すると良い。

となります。

完全未経験者がエンジニアになるためには、約半年と長い学習期間が必要です。しかし、逆に言うと、長い学習期間が必要だからこそ、エンジニアの市場価値が高いとも言えます。

1週間勉強して、エンジニアになれるようだったら、エンジニアの市場価値はここまで高くはないでしょう。

大変な時もあると思いますが、半年間の学習をやり遂げ、エンジニアとしての第1歩を踏み出しましょう。