DMM WEBCAMPとテックキャンプを比較!おすすめはどっち?

どうも。フリーランスエンジニアのウェブマスターです。

今回は、人気のプログラミングスクール、DMM WEBCAMPとテックキャンプを徹底的に比較しました。

私は普段、エンジニアとして働いて、副業でプログラミングスクールの講師もやっているので、現場目線で、どっちのプログラミングスクールがおすすめなのかを忖度なしで評価しました。

エンジニア転職を目指してプログラミングスクールの受講を検討中の方は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

DMM WEBCAMPが圧倒的におすすめ【結論】

結論から言うと、あなたが20代であれば、DMM WEBCAMPが圧倒的におすすめです。

比較結果

料金 DMM WEBCAMPの方が安い
学習内容 DMM WEBCAMPの方が実践的
学習環境 どちらも快適
転職保障 30代以降ならテックキャンプの方が良い
就職先/転職先 どちらも良い
講師の水準 DMM WEBCAMPの方が高い

DMM WEBCAMPとテックキャンプの料金を比較

まずは、DMM WEBCAMPとテックキャンプの料金の比較です。

フルタイムでエンジニア転職を目指す場合

フルタイムでエンジニア転職を目指す場合、DMM WEBCAMPは2つのコースが、テックキャンプは1つのコースが用意されています。

コース 期間 料金(税抜き)
DMM WEBCAMP COMMIT(短期集中コース) 3ヶ月 628,000円
DMM WEBCAMP COMMIT(専門技術コース) 4ヶ月 828,000円
テックキャンプ 短期集中スタイル 10週間 648,000円

 一定の条件を満たした場合は、DMM WEBCAMPの料金が圧倒的に安い

DMM WEBCAMP COMMIT(専門技術コース・4ヶ月)の通常料金は、828,000円ですが、このコースは、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定され、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されています。

そのため、条件を満たすことで受講料金の最大70%(限度額: 560,000円)のキャッシュバックを教育訓練給付金として国から受け取ることが出来ます

DMM WEBCAMPの専門実践教育訓練給付金制度の詳細については、こちらの記事で書いています↓
DMM WEBCAMPの料金は?給付金で安くなる?分割払いは出来る?

ですので、あなたが給付金の条件を満たしている場合は、DMM WEBCAMPの方が圧倒的にお得です

給付金の条件を満たしていない場合は、DMM WEBCAMPとテックキャンプの料金は、ほとんど変わりません。

後述しますが、「DMM WEBCAMP COMMIT(短期集中コース)」と「テックキャンプ 短期集中スタイル」で学習する内容が同程度のレベルです。

どちらもWEBエンジニアへ転職するための十分な開発技術を学べます。

DMM WEBCAMP COMMIT(専門技術コース)では、WEB開発に加えてAIやクラウドなどの専門技術が学習できます。

働きながらや学業の合間でエンジニア転職を目指す場合

働きながらや学業の合間でエンジニア転職を目指す場合も、DMM WEBCAMPには2つのコースが、テックキャンプには1つのコースが用意されています。

コース 期間 料金(税抜き)
DMM WEBCAMP PRO 12週間 624,800円
DMM WEBCAMP PRO 16週間 679,800円
テックキャンプ 夜間休日スタイル 半年間 848,000円

DMM WEBCAMPの料金の方が安い

「DMM WEBCAMP PRO」と「テックキャンプ 夜間休日スタイル」の料金を比べると、DMM WEBCAMPの料金の方が20万円前後安いことが分かります。

学習する内容は、どちらも同じ程度のレベルなので、働きながらエンジニア転職を目指す場合は、DMM WEBCAMPの方が安くておすすめです。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの学習内容を比較

次に、DMM WEBCAMPとテックキャンプの学習内容の比較です。

以下は、DMM WEBCAMPとテックキャンプで学習する主な技術です。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
HTML
CSS
JavaScript
JavaScriptのフレームワーク(jQuery)
サーバーサイドの言語(Ruby)
サーバーサイドのフレームワーク(Ruby on Rails)
データベースマネジメントシステム(MySQL)
開発環境構築
クラウドサービス(AWS)
バージョン管理システム(Git)
チーム開発
DMM WEBCAMP COMMIT(専門技術コース)では、この内容に加えて、AI、もしくはクラウド(選択制)に関しての本格的な技術を学習します。

学習する技術は基本的に同じ

DMM WEBCAMPとテックキャンプで学習する技術は基本的に同じです。

どちらも、Rubyを扱った本格的なWEB開発の技術を学習します。

大きな違いはチーム開発があるかないか

DMM WEBCAMPには、チーム開発がありますが、テックキャンプにはチーム開発がありません。

チーム開発とは、受講生同士でチームを組んで1つのアプリを作る作業です。

エンジニアの実務では、チームで1つのアプリを開発するのが基本になります。

チームでの開発は、個人で開発するのとは違った能力が求められます。

チーム開発は他のメンバーとの共同作業なので、慣れないうちは結構大変です。。。

私が講師をしている際にも、メンバー同士でガチ喧嘩していたグループもありました。

特に、ソースコードの管理や要件の認識の違いによってメンバー同士で揉めることが多いです。(実務でもよく揉めます。)

なので、プログラミングスクールでもチーム開発を経験しておくのがベストです。

学習内容はチーム開発を経験できるDMM WEBCAMPがおすすめ

テックキャンプのチーム開発は80期(2020年6月20日開催)をもって終了になってしまったようです。

そのため、学習内容については、チーム開発を経験できるDMM WEBCAMPの方が実践的でおすすめです。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの学習環境を比較

次に、DMM WEBCAMPとテックキャンプの学習環境の比較です。

DMM WEBCAMPとテックキャンプは、どちらも「通学スタイル」と「オンラインスタイル」の両方をサポートしています。

DMM WEBCAMP  テックキャンプ
通学
オンライン

学習環境は、どちらも快適

DMM WEBCAMPとテックキャンプ、どちらのスクールもオンラインの教材で学習を進めるので、パソコン1台あれば、どこからでも学習出来ます。

また、学習を進める中での疑問点は、ビデオチャット、もしくは、テキストチャットを使って講師へ質問し放題です。

さらに、通い放題の教室も用意されているので、教室と自宅を組み合わせて快適に学習することができます。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの転職保障の内容を比較

次に、DMM WEBCAMPとテックキャンプの転職保障の比較です。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
全額返金保証
転職成功率  98% 99%
年齢制限 20代 30代以降もOK

30代以降ならテックキャンプがおすすめ

DMM WEBCAMPとテックキャンプ、どちらのスクールもエンジニアへ転職できなかった場合に、受講料を全額返金する制度を採用しています。

また、転職成功率は、DMM WEBCAMPが98%テックキャンプが99%とどちらのスクールも驚愕な転職実績を叩き出しています。

一方で、DMM WEBCAMPの転職保障を受けられるのは、20代に限定(※例外もあり)されていますが、テックキャンプの場合は、30代以降の方でも転職保障の対象になります。

年齢が30代以降の場合は、転職保障の内容は、テックキャンプの方がおすすめです。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの就職先/転職先を比較

次に、DMM WEBCAMPとテックキャンプの就職先/転職先の比較です。

以下は、DMM WEBCAMPとテックキャンプそれぞれの就職先企業の分類です。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
自社開発企業 63% 43.2%
受託開発企業 11% 33.5%
SES企業 26% 23.5%

どちらも就職先/転職先は優良企業

未経験からエンジニアへ転職するなら自社開発企業か受託開発企業へ転職するのがベストです。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの就職先は、どちらも、自社開発企業と受託開発企業の割合が75%前後とかなり良い実績です。

どちらも就職先/転職先は優良企業と考えて問題ないでしょう。

DMM WEBCAMPとテックキャンプの講師の水準を比較

最後に、DMM WEBCAMPとテックキャンプの講師の水準の比較です。

DMM WEBCAMP テックキャンプ
講師の水準 現役エンジニア 2ヶ月間の研修を受けた未経験者

テックキャンプは講師の水準が低い

DMM WEBCAMPでは、最後のオリジナルサービスの開発で担当する講師は、必ず、全員が現役エンジニアになっています。

その理由は明白で、開発経験のない方に他人の開発の支援などできるわけがないからです。

しかし、テックキャンプでは、最後のオリジナルサービスの開発では、講師への質問が禁止されます。

これは、開発経験のない講師がオリジナルサービスの開発で支援できないがために取り入れられている制度だと考えられます。

以下は、テックキャンプの講師の求人詳細です。

テックキャンプでは、プログラミング未経験者が2ヶ月間学習した後、講師として受講生にプログラミングを教えているようです。。。

テックキャンプは、とても素晴らしいサービスなのですが、講師の水準が低いのが非常に残念に感じます。

DMM WEBCAMPが圧倒的におすすめ【まとめ】

以上が、DMM WEBCAMPとテックキャンプの比較です。

料金 DMM WEBCAMPの方が安い
学習内容 DMM WEBCAMPの方が実践的
学習環境 どちらも快適
転職保障 30代以降ならテックキャンプの方が良い
就職先/転職先 どちらも良い
講師の水準 DMM WEBCAMPの方が高い

総合すると、DMM WEBCAMPの方が圧倒的におすすめです。

ただし、年齢が30代以降の方の場合は、DMM WEBCAMPでは転職保障が受けられませんので、30代以降でも転職保障が受けられるテックキャンプの方が良いかと思います。

プログラミングスクール選びにぜひ参考にして頂ければ幸いです。

DMM WEBCAMP(COMMIT&PRO)
5

DMM WEBCAMP(COMMIT&PRO)がオススメな人!

Rubyエンジニアへ転職(就職)したい人!
他の受講生と一緒に成長したい人!
教室に通って学習したい人!

DMM WEBCAMP(COMMIT&PRO)をオススメしない人!

なるべく安い費用でプログラミングスクールに通いたい人!

料金(税抜) 学習期間 学習場所
628,000円~ 3ヶ月~ 教室/オンライン
転職支援 働きながら学習 フルタイムで学習
テックキャンプ エンジニア転職
3

テックキャンプがオススメな人!

Rubyエンジニアへ転職(就職)したい人!
他の受講生と一緒に成長したい人!
教室に通って学習したい人!
30代の人!

テックキャンプをオススメしない人!

なるべく安い費用でプログラミングスクールに通いたい人!
20代の人!

料金(税抜) 学習期間 学習場所
648,000円~ 10週間~ 教室/オンライン
転職支援 働きながら学習 フルタイムで学習