テックキャンプとCodeCampGATEを比較!エンジニアのおすすめは?

どうも。フリーランスエンジニアのウェブマスターです。

今回は、人気プログラミングスクールのテックキャンプとCodeCampGATEを徹底的に比較しました。

また、私は現役のエンジニアとして働いていて、副業でプログラミングスクールの講師もしているので、現場目線から見て、どちらのプログラミングスクールがおすすめなのかについても言及しています。

もしあなたが、エンジニアへの転職を目指しているのであれば、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

テックキャンプ エンジニア転職
3

テックキャンプがオススメな人!

Rubyエンジニアへ転職(就職)したい人!
他の受講生と一緒に成長したい人!
教室に通って学習したい人!
30代の人!

テックキャンプをオススメしない人!

なるべく安い費用でプログラミングスクールに通いたい人!
20代の人!

料金(税抜) 学習期間 学習場所
648,000円~ 10週間~ 教室/オンライン
転職支援 働きながら学習 フルタイムで学習
CodeCampGATE
5

CodeCampGATEがオススメな人!

PHPエンジニアへ転職(就職)したい人!
マンツーマン指導でしっかりサポートして欲しい人!
他の受講生と一緒に成長したい人!

CodeCampGATEをオススメしない人!

忙しい人!

料金(税抜) 学習期間 学習場所
478,000円 4ヶ月 オンライン
転職支援 働きながら学習 フルタイムで学習

【結論】20代ならCodeCampGATE、30代ならテックキャンプがおすすめ

結論から言うと、あなたが20代ならCodeCampGATE30代ならテックキャンプがおすすめです。

テックキャンプ  CodeCampGATE
料金  648,000円、848,000円 478,000円
学習分野 WEB開発 WEB開発
学習言語  Ruby言語  PHP言語
チーム開発 ×
オンライン完結
教室利用 ×
キャリア支援
就職先斡旋 ×
返金保証 ×
年齢制限 なし  20代限定
講師のレベル 素人講師など 現役エンジニア

テックキャンプとCodeCampGATEの料金を比較

まずは、テックキャンプとCodeCampGATEの料金の比較です。

コース 期間 料金(税抜)
テックキャンプ 短期集中スタイル 10週間 648,000円
テックキャンプ 夜間休日スタイル 半年間 848,000円
CodeCampGATE 4ヶ月 478,000円

テックキャンプには、2つのコースがあります。

テックキャンプ 短期集中スタイルは、フルタイムでプログラミングを学習し、10週間でエンジニア転職を目指すコースです。

テックキャンプ 夜間休日スタイルは、働きながらや学業の合間でプログラミングを学習し、半年間でエンジニア転職を目指すコースです。

CodeCampGATEは、4ヶ月間のコースが1つです。

4ヶ月間で400時間程度の学習時間を確保できるなら、フルタイムでも働きながらでも通うことが出来ます。

CodeCampGATEの料金が圧倒的に安い

テックキャンプ 短期集中スタイルとCodeCampGATEの料金を比較すると、CodeCampGATEの方が170,000円安いです。

テックキャンプ 夜間休日スタイルとCodeCampGATEの料金を比較すると、CodeCampGATEの方が370,000円安いです。

圧倒的にテックキャンプよりもCodeCampGATEの料金が安いことが分かります。

テックキャンプとCodeCampGATEの学習内容を比較

次に、テックキャンプとCodeCampGATEの学習内容の比較です。

学習分野 学習言語 チーム開発
テックキャンプ WEB開発 Ruby言語 ×
CodeCampGATE WEB開発 PHP言語

どちらもWEB開発を学習する

テックキャンプもCodeCampGATEも学習する分野は、WEB開発です。

WEB開発を学習してWEBエンジニアへ転職することが両スクールのゴールです。

学習言語はRubyとPHP

メインで学習する言語は、テックキャンプがRuby言語で、CodeCampGATEがPHP言語です。

どちらの言語もWEB開発で人気のプログラミング言語です。

Ruby言語とPHP言語はどっちが良い?

プログラミング初心者の方は、Ruby言語とPHP言語、どちらを学習した方が良いか迷われるかもしれませんが、言語に拘る必要はありません。

Ruby言語とPHP言語は、どちらもスクリプト言語で、WEB開発で同じぐらい人気のある言語です。

両言語は多少の文法の違いがある程度なので、どちらか片方を習得してしまえば、もう片方もすぐに習得できてしまいます。

なので、言語に拘る必要はないでしょう。

以下は、Ruby言語とPHP言語で、画面(標準出力)に”おはよう!”と表示するプログラムの例です。

puts “おはよう!” // Ruby
echo “おはよう!”; // PHP

大きな違いはチーム開発があるかないか

CodeCampGATEは、後半の2カ月間にチーム開発(専属講師と一緒にオリジナルのポートフォリオを制作)がありますが、テックキャンプには、チーム開発はありません。

実務では、一人でアプリケーションを開発することはほとんどなく、チームで開発することが基本です。

チーム開発時に必要になる複数人でのソースコードやタスク、ドキュメント管理のスキルは、実際にチーム開発を体験しないと身に付きません。

また、そういった管理に利用するツール(GitやRedmineなど)の扱いは慣れるまでに時間が掛かります。

ですので、プログラミングスクールで複数人での開発を経験しておくと、その経験が実務でとても役立ちます。

学習内容はチーム開発のあるCodeCampGATEがおすすめ

テックキャンプのチーム開発は80期(2020年6月20日開催)をもって終了になってしまったようです。

そのため、学習内容はチーム開発のあるCodeCampGATEの方がおすすめです。

テックキャンプとCodeCampGATEの学習環境を比較

次に、テックキャンプとCodeCampGATEの学習環境の比較です。

テックキャンプは、オンライン完結で学習もできますが、通い放題の教室も用意されています。

CodeCampGATEは、完全オンラインです。

オンライン完結 教室利用
テックキャンプ
CodeCampGATE ×

教室に通って学習したいならテックキャンプがおすすめ

CodeCampGATEは、完全オンラインなので、教室に通って学習したい場合はテックキャンプがおすすめです。

テックキャンプとCodeCampGATEの転職サポートを比較

次に、DMM WEBCAMPとテックキャンプの転職サポートの比較です。

キャリア支援 就職先斡旋 返金保証
テックキャンプ
CodeCampGATE × ×

両スクールともにキャリア支援がある

両スクールともに専属のキャリアアドバイザーからキャリア支援のサポートがあります。

具体的には、就職先の見極め方や応募書類の添削、面接対策などのサポートを受けられます。

テックキャンプは就職先斡旋と返金保証がある

テックキャンプでは、さらに、就職先斡旋と返金保証も付いています。

テックキャンプ経由のエンジニアへの転職先を紹介して貰えます。

そして、万が一、テックキャンプへ通って就職先が決まらなかった場合は、受講料金を全額返金して貰うことができます。

転職サポートはテックキャンプの方が充実している

転職サポートに関しては、キャリア支援に加えて、就職先斡旋、返金保証のサービスが付いたテックキャンプの方が充実してます。

テックキャンプとCodeCampGATEの受講制限を比較

次にテックキャンプとCodeCampGATEの受講制限の比較です。

年齢制限
テックキャンプ なし
CodeCampGATE 20代限定

CodeCampGATEを受講できるのは20代限定

CodeCampGATEは、プログラム修了後にエンジニアとして就職・転職が実現できるか否かの判断として、年齢や経歴を加味した選考があります。

年齢が30代以降の場合は、CodeCampGATEを受講することは出来ません。

スクール側の利益を考えると、選考などしない方が利益が上がるはずです。

それなのに、わざわざ、エンジニアとして転職が実現できる人だけに制限を掛けているのは、とても良心的な対応だと感じます。

テックキャンプは、年齢に関係なく誰でも受講可能です。

ただし、40代以上の場合は、転職保障の対象外になるようです。

テックキャンプとCodeCampGATEの講師のレベルを比較

講師のレベル
テックキャンプ 実務経験がない講師など
CodeCampGATE 現役エンジニア

テックキャンプは講師のレベルが低い

以下は、テックキャンプの講師の求人詳細です。

テックキャンプでは、プログラミング未経験者が2ヶ月間学習した後、講師として受講生にプログラミングを教えているようです。。。

また、テックキャンプでは、最後のオリジナルサービスの開発では、講師への質問が禁止されます。

これは、開発経験のない講師がオリジナルサービスの開発で支援できないがために取り入れられている制度だと考えられます。

テックキャンプは、とても素晴らしいサービスなのですが、講師の水準が低いのが非常に残念に感じます。

講師のレベルは、圧倒的にCodeCampGATEが高い

CodeCampGATEで働いている講師は、プロのエンジニアです。

講師のレベルは、圧倒的にCodeCampGATEが高いです。

CodeCampGATEでは、後半の2カ月間で、プロのエンジニアと一緒にオリジナルのポートフォリオも制作します。

【まとめ】20代ならCodeCampGATE、30代ならテックキャンプがおすすめ

テックキャンプとCodeCampGATEの比較結果をまとめると以下になります。

テックキャンプ  CodeCampGATE
料金  648,000円、848,000円 478,000円
学習分野 WEB開発 WEB開発
学習言語  Ruby言語  PHP言語
チーム開発 ×
オンライン完結
教室利用 ×
キャリア支援
就職先斡旋 ×
返金保証 ×
年齢制限 なし  20代限定
講師のレベル 素人講師など 現役エンジニア

CodeCampGATEは、20代限定のサービスなので、30代の方は無条件でテックキャンプがおすすめ(?)になります。

ただし、20代の場合は、CodeCampGATEがおすすめです。

その理由は、学習内容と講師のレベルがCodeCampGATEの方が優れているからです。

また、CodeCampGATEは、エンジニアとして転職が実現できる人だけに受講制限を掛けています。

ということは、CodeCampGATEへの選考が通った場合は、高い確率でエンジニアへ就職出来るということです。

テックキャンプは、就職先の斡旋や返金保証などの転職サポートのサービスは充実していますが、プログラミングスクールの肝となる講師のレベルが著しく低かったり、最後のオリジナルサービスの開発では、講師への質問が禁止されていたりなど、致命的な欠点が目立ちます。

ですので、両スクールを比較した場合、料金も安く、プロのエンジニアから本格的に学べるCodeCampGATEの方がおすすめです。

「Rubyを学習したい」、「教室に通いたい」、「転職保障のスクールが良い」という場合は、テックキャンプでなく、DMM WEBCAMPやテックブーストがおすすめです。

DMM WEBCAMPとテックブーストに関しては、以下の記事に書いていますので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。